2011年07月26日

自前のサイト

http://www.sobajin.co.jp/

一応こっちが僕が自分で管理している自前のサイトです。

メールアドレスはsobajin@hera.eonet.ne.jp

おいしいの方はお客さんが管理しています。

 明日は休みですので、今が一番ゆっくりしています。

 今回日高製粉の蟻巣石の石臼を目立てしたのですが、改めて、蟻巣石のポテンシャルというか、石臼が回転してもあまり温度が上がらない、御影の石臼がかなり高温になることが、
 石臼を回転させて、接地面を元に戻し、ハンマーで目をつけるをみたことにより、御影だとすごい温度が上がってしまうと思ったし、石自体がつるつるしてるので、摩擦も少ない、それなのに高温、蟻巣石は、摩擦があっても、高温にならない、石はアリの巣のようにボコボコしてるので、挽けるのも一回で挽き切れると思いました。

 同じ材料で、蟻巣石の石臼(日高製粉の石臼)でできた粉と御影の石臼で挽いた粉を打ちくらべると、やはり御影はものたりない、味はそんなに変わらないのかもしれないが、なんか抜けてるものがある(もち100%挽きぐるみにならない)、食感がまったく、日高におよばない、まず同じ条件で挽くと駄目なんだなぁと感じました、御影は荒挽きとか、違う方法の粉を作るのが良いみたいです。

 明日は休みですが、事務仕事から仕事関係のことが多々あります。




sobajin.jpg


http://www.sobajin.co.jp/

メールアドレスはsobajin@hera.eonet.ne.jpです。
posted by 蕎麦人 at 23:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。